ワインプロジェクト起業メンバー募集

南三陸ワインプロジェクトは、
「地域おこし協力隊」の制度を用い、

「Next Commons Lab南三陸」の
1プロジェクトとして動いています。

http://nextcommonslab.jp/minamisanriku/

※ほかNext Commons Lab南三陸の詳細については最下部参照


2017年度から、ともにワインプロジェクトを運営し、実現へと導く起業メンバーを募集します。

ついては以下のとおり説明会やキックオフイベントを実施しますので、興味のある方はご参加・ご応募お願いいたします。

ワインプロジェクトから代表の藤田・事務局の佐藤も出席致しますので、直接お話をしましょう!


------------Next Commons Lab南三陸 説明会------------

■第1回:2017年5月14日(日)13:00〜17:15(東京)

銀座ユニークG301大会議室 東京都中央区銀座5丁目14-6橋ビルⅡ

特別講演「新しい世界を創る起業家として成長するためには〜アル・ケッチァーノの挑戦〜」:奥田政行氏(アル・ケッチァーノ オーナーシェフ)

https://www.facebook.com/events/158001611398422/

■第2回:5月19日(金)18:30〜21:30(東京)

TKP渋谷カンファレンスセンターカンファレンスルーム7A会議室 東京都渋谷区渋谷2-17-3

■第3回:6月11日(日)14:00〜17:00(東京)

株式会社ナレッジソサエティ イベントルーム 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア


------------Next Commons Lab南三陸 キックオフイベント------------

■5月14日(日)18:30~21:00(東京)

銀座「ヤマガタ サンダンデロ」にて

南三陸食材を用いたイタリアンフルコースディナー&秋保ワイナリーのワインを楽しみながら奥田シェフ含めたゲストの皆さんやスタッフとNext Commons Lab南三陸のプロジェクトについて質疑応答を行います。

持続可能な社会とは、豊かさとは何か、考えてみませんか。

Kick Off Eventのお申し込みはこちらから。

http://nextcommonslab.jp/archives/minamisanrikukickoff/


<<<Next Commons Lab南三陸>>>

南三陸町は東日本大震災で甚大な被害を受けました。

震災から6年が経った今でも町は工事関係の車両が多く行き来し、復興は未だ途中かもしれません。

震災は大きな被害をもたらしましたが、震災は様々なことを気付かせてくれました。

南三陸町の市街地にあった約75%の建物が流されましたが、人と人とのつながりや、これまで培ってきたノウハウは残っています。自然環境も残っています。

南三陸町では持続可能性と地域内循環を再優先し、生命活動に必要な最低限のものはできる限り、地域内でまかなえるようにすることが震災を体験した地域の役割、義務だと考えます。

持続可能な社会づくりと地域内循環に向けて南三陸町で震災直後から行動していた方々が、今回プロジェクトパートナーしてNext Commons Lab南三陸の各プロジェクトに参加してくれています。

南三陸の地域資源を活かした地域課題の解決を目指して地元の森林経営、運輸会社、重機会社の若手経営者達で立ち上がった合同会社MMRの皆さん、震災をきっかけに、地元の人びとの雇用作りと、被災地ボランティアの方々と地元の交流を続ける有機ササニシキ、酪農、果樹を手がける農業歴40年の農業家、震災後水産業の復興に取り組むとともに、地域循環の仕組みづくりに注力してきた元行政職員など。

これらのパートナーに加え、アル・ケッチァーノ 奥田政行氏、隈研吾建築都市設計事務所 隈研吾氏、秋保ワイナリー毛利親房氏、東北大学 中静透教授、東北医科薬科大学 佐々木健郎教授、NTTdocomo 山本圭一氏、株式会社プラスリジョン 福井佑実子氏、合同会社イーツーエヌラボ 新井元行氏らをプロジェクトパートナーに迎え、南三陸町から人類が地球で生き続けるための世界をつくっていきます。

今回Next Commons Lab南三陸では、Next Commons Labというプラットフォームとネットワークを活用し、自治体やプロジェクトパートナーからのサポートも受けながら、3年以内の起業を実現する起業家(=ラボメンバー)を募集します。

ラボメンバーはそれぞれのプロジェクトに邁進しながら、新しい地域コミュニティを形成し、南三陸町から始まる未来を一緒に創造する仲間でもあります。

理想の社会を実現するための仲間になりませんか?